インフルエンザの流行情報
(最新版-2016年9月21日)

インフルエンザが2016年1月15日に流行入りし、2月のピークには感染者数200万人を超えていました。5月15日の週には、推定約3500人まで減少し、流行は収束していました。

しかし、2016年9月に入り、少しずつ気温が下がり始めるとともに、今年もインフルエンザが一部地域で発生し始めています。

ここではインフルエンザの最新の流行状況と推移をまとめています。

今年の流行状況は?
(2016年1月25日~2016年5月15日と9月16日の統計)

去年(2015年)も9月になると、ごく一部の地域で学級閉鎖が起きました。今年2016年も同じく9月に入ってインフルエンザの患者が見られるようになりました。

昨年の流行入りは例年より約1ヶ月遅れの2016年1月15日でしたが、今年、寒さが早く到来すると例年通り12月前後に流行入りする可能性があります。

インフルエンザ患者数と流行の計測

インフルエンザの感染者数は全国の病院で計測しているわけではなく、指定された医療機関で計測をおこない、そこから全国の感染者数の推定値を計算します。

感染者数を計測している全国の定点あたりの病院患者数では、9月16日の週に260人です。

全国で見た定点指数は0.05となっており、まだまだ流行には至っていません。この指数が1.0を超えるとインフルエンザの全国的な流行入りとみなされます。

下記の表は、2016年1月25日~9月21日の都道府県別に見たインフルエンザ『定点報告数』の推移です。

年月日 全国合計 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
1/25~1/31 111738 6135 1368 1239 1562 732 680 1212 3208 1542 1951 7605 6240 10782 10726 3707 644 525 468 904 1936 2116 2710 5555 1094 922 1957 6223 3516 745 527 189 326 1307 2395 1617 390 625 364 268 6313 707 1619 1256 1199 1121 1522 1989
2/1~2/7 171570 9888 1587 1517 1858 770 907 1869 4513 2404 2983 11880 9566 16365 16595 3891 1205 1055 992 1453 2941 2947 4767 8822 1986 1250 3047 9714 5981 1299 923 350 457 2379 4037 2651 629 1140 733 789 8791 1235 2759 2153 2180 1638 2236 2438
2/8~2/14 197956 9712 1643 2137 2440 983 1008 2508 4733 2517 3790 12332 9927 15494 15507 3337 1722 1770 1494 1825 3728 4077 5713 11408 2701 1816 4222 12668 7918 1861 1233 612 601 2846 5019 2836 1012 1570 1438 1148 9520 1670 3235 2570 2553 2342 3813 2947
2/15~2/21 184176 7981 1220 1905 2536 796 1233 2457 3698 2453 3697 10311 8426 12374 11760 2814 1798 2173 1393 1747 3604 3600 5817 10826 3057 1926 4310 12157 7590 1971 1461 868 796 2793 5397 3101 1132 1908 2575 1596 8307 1599 2933 2700 2278 2408 4135 2559
2/22~2/28 178685 6629 1098 1746 2827 755 1462 2523 3282 1833 3492 9361 7066 10688 9420 2254 1783 2349 1479 1612 3482 4085 5122 10590 3282 1743 4189 12011 8125 2346 1704 1025 969 3069 4878 3276 1159 1870 3239 2247 9158 1405 2752 2812 2457 2762 4606 2663
2/29~3/6 174970 6433 998 1686 3041 919 1488 2370 3035 1770 3021 8593 7128 9499 8683 2179 1675 2309 1499 1469 3807 3686 5245 11185 3148 1775 4263 11306 8199 1960 1698 1218 1155 3124 4269 3096 1224 1702 3469 2372 9734 1319 2410 3012 2540 3030 4794 2435
3/7~3/13 139683 6595 1048 1729 2804 1045 1467 1710 2482 1718 2466 6914 5917 8049 6908 2029 1325 1631 1063 1342 3519 2729 4545 8593 2371 1394 3324 7969 6183 1720 1352 866 878 2141 2748 2239 1058 1295 2703 1944 7655 1043 1759 2095 1669 2472 3274 1903
3/14~3/20 104107 7185 1141 1542 2701 1244 1370 1369 1946 1263 1600 4603 4255 6138 4710 1988 957 1271 952 841 2415 1922 2952 5409 1697 1119 2410 5127 4190 1032 809 715 646 1307 1803 1800 984 893 2175 1478 5493 869 1326 1672 1112 1664 2501 1511
3/21~3/27 68369 4866 1096 1345 1461 1058 973 1122 1280 712 918 2802 2451 3848 2590 1860 778 945 777 450 1484 1464 1672 3359 1025 971 1515 3062 2606 629 498 500 484 831 1240 999 585 678 1255 894 4072 583 1071 1128 742 896 1635 1159
3/28~4/3 55341 3328 1123 1016 1440 767 704 1024 860 552 721 2069 1756 3087 2304 2134 613 766 747 383 1342 1114 1057 2411 876 725 1211 2216 2193 539 390 361 378 694 1048 892 412 345 1210 976 2965 533 958 1103 609 784 1671 934
4/4~4/10 34672 2050 823 772 1037 672 490 807 557 347 360 1206 1077 2028 1335 1335 411 537 494 205 904 651 668 1445 546 400 658 1333 1137 267 198 273 203 436 581 426 237 240 731 518 1728 404 717 718 428 490 1209 583
4/11~4/17 25007 1969 887 875 830 817 509 796 405 226 333 779 792 1469 911 1231 298 385 326 130 824 421 477 918 354 246 415 607 556 146 99 160 169 240 335 260 109 178 367 252 842 266 484 357 281 279 863 534
4/18~4/24 20891 1735 725 880 960 825 454 797 353 240 349 787 702 1186 886 1193 220 244 204 111 746 271 344 626 286 162 316 496 433 86 71 185 139 161 240 143 69 110 249 163 790 139 318 195 237 142 568 365
4/25~5/1 12362 1164 400 578 590 595 285 506 220 146 195 353 328 567 401 720 85 108 118 72 467 156 178 298 152 84 153 266 219 68 37 91 119 99 138 105 28 65 115 83 433 107 268 128 214 119 428 313
5/2~5/8 6108 609 246 423 234 458 131 343 133 66 92 107 124 176 131 317 31 37 63 24 165 96 66 106 66 32 100 104 90 13 10 64 48 46 52 43 15 28 30 33 207 39 153 65 89 76 251 276
5/9~5/15 3353 348 169 206 139 107 95 166 51 34 35 66 76 99 83 177 19 17 35 13 72 32 57 62 21 14 49 51 95 35 2 32 25 39 34 29 9 18 28 12 125 41 73 32 56 61 170 144
9/5~9/11 260 - - - - - - 1 5 10 5 5 22 31 20 - - - - 2 - - 3 15 2 - 1 4 8 1 - - 2 3 2 - 1 - 1 - 22 - - - 1 - 14 79

上記の表のように、9月初旬の段階ではまだ患者数が散見されるレベルであり、流行には至っていないのがわかります。

インフルエンザ警報が発令されている都道府県

現在、警報が出されている地域はありません。

インフルエンザ注意報が発令されている県

現在、注意報が出されている地域はありません。

今年の流行予測

2015年冬から2016年の春にかけて、A型であるA香港型(AH3N2亜型)A-H1N1 2009型B型が検出されました。

2016年の冬も同じタイプが流行すると予想されます。

A型を詳しく

B型を詳しく

週別に見た学級閉鎖状況

インフルエンザは免疫力の弱い子供たちに流行します。子供の感染者が増えて流行が始まると、幼稚園や小学校・中学校・高校では感染拡大防止のために学級閉鎖や休校措置がとられます。

下記は2016年1月18日以降のインフルエンザによる学級閉鎖状況の表になります。

(2016年 冬季-インフルエンザ様疾患発生報告における施設数の推移抜粋 厚生労働省)

期間 休校 学年閉鎖 学級閉鎖 施設数合計
1/18~1/24 14 237 1017 1269
1/25~1/31 52 630 2714 3396
2/1~2/7 77 1153 4765 5995
2/8~2/14 110 1377 4798 6285
2/15~2/21 84 1325 4950 6359
2/22~2/28 73 1460 4284 5817
2/29~3/6 95 1432 4096 5623
3/7~3/13 75 1184 3369 4628
3/14~3/20 43 555 1620 2218
3/21~3/27 4 82 173 259
3/28~4/3 2 5 0 7
4/4~4/10 4 6 2 12
4/11~4/17 10 63 92 165
4/18~4/24 29 136 290 455
4/25~5/1 6 65 129 200
5/2~5/8 2 8 7 17
5/9~5/15 1 6 4 11
9/5~9/11 0 0 3 3

9月になり、早くも「東京都・茨城県・千葉県・佐賀県」において学級閉鎖が起こっています。

現在は主に、幼稚園~小学校という低年齢層で発症している状況です。

まだまだ感染者数が少ない状況ではありますが、もし周囲にインフルエンザにかかっている方がいたら、注意が必要です。

毎年のことではありますが、インフルエンザは感染すると高熱が出るなど重い病気です。特に免疫の弱い子供たちには辛い症状です。現在でも一部の地域においてはまだ流行が継続していますので、もう少しの期間は注意が必要です。

インフルエンザはかからないように予防することが一番大切です。マスクを着用したり湿度を保ったり、お薬を服用するなど、しっかりと予防に努めましょう。

予防方法について詳しく

2016年9月以降に流行すると見られるタイプと特徴

種類としては、

  • A-H1N1型…2009年に大流行した新型にあたるタイプ
  • A-H3N2型…香港型と呼ばれ、去年の2014年にも流行。
  • B型…山形系かビクトリア系のいずれか(2015年より、予防接種が両方に対応開始)

上記3タイプです。

A香港型は予防接種が効きにくい

A香港型は予防接種による効果が低く、予防接種を受けても半数の方は感染してしまいます。

その理由として、ワクチン製造の際にもウイルスの変異が起きやすく、別の抗体ができてしまう可能性があるためです。

タイプにあわせた薬の選択

予防接種が効きにくいため、流行前に予防薬を服用すると効果的なのですが、A香港型にはタミフルは効くものの、A-H1N1型にはタミフルは効きにくいとされています。

そのため、感染の予防対策としては「リレンザ」がおすすめになります。

また、もし感染してしまった際にも、リレンザなどの抗インフルエンザ薬を使用すると良いでしょう。

インフルエンザの薬を詳しく

例年の流行シーズンは?

流行時期としては圧倒的に冬場です。特に11月~3月の寒くて乾燥した季節が通例です。

この時期は、空気が乾燥してウイルスが浮遊しやすくなり、感染力が高まります

逆に、夏時期は暑くて湿度が高く、ウイルスが生存しにくい環境のため、インフルエンザは流行しにくくなるのです。

インフルエンザC型は、流行しない

インフルエンザには3種類あり、流行するのは『A型』と『B型』です。もうひとつの『C型』は流行しません。

その理由として、C型は一生のうちに1回だけかかるインフルエンザであり、2回かかることが滅多にないからです。

さらに、5歳までの幼児期に感染することが多く、大人になってもその免疫が続いているため、流行に繋がることが無いのです。その代わり、通年性の特徴があるため、まだ感染歴のない人は夏でも冬でもかかることがあります。

流行状況の発表は?

厚生労働省が、各都道府県にある約5000か所の医療機関から報告されるインフルエンザの発生状況や流行状況を取りまとめて発表しています。

全国のすべての病院で計測をしているわけではなく、指定された医療機関のインフルエンザ患者数を計測し(定点あたりの患者数)、そこから全国にどれほどの患者数がいるのかを推定しています。

また、毎年その状況を考慮して、予防接種のワクチン製造がおこなわれたり、治療のための薬が供給されるようになっています。

© インフルエンザ All rights reserved.