インフルエンザの感染経路とうつる期間

何故、インフルエンザ感染するのでしょうか?

ここでは、その感染経路やうつる期間についてまとめました。

3つの感染経路について

飛沫感染とは

インフルエンザの感染者が、せきやくしゃみをすると飛沫が飛び散ってしまいます。

その飛沫を周囲にいる人が口や鼻から吸い込んでしまい、感染してしまうのが飛沫感染です。

飛沫の飛ぶ距離は、咳で約3メートル、くしゃみで約5メートルであり、勢いのあるくしゃみの方が広く飛散します。

インフルエンザでは手で覆ってくしゃみや咳をすると、その手にウイルスが付着することになり、今度は直接感染の原因となってしまいます。

感染者とその周囲にいる方は、必ずマスクを着用するようにしましょう。

空気感染とは

空気感染は、飛沫核感染とも呼ばれていて、厳密には上記の飛沫感染と区別されます。

インフルエンザウイルスは、せきやくしゃみなどで空気中に飛散しますが、その飛沫の水分が時間とともに蒸発していきます。その後5マイクロメートル以下の軽い小さな微粒子(飛沫核)となってもまだ病原性を保持していて、長時間浮遊することができるのです。

この飛沫核を吸い込んで感染する状態を、空気感染と呼びます。

インフルエンザは空気感染でもうつるため、ウイルスの感染力が高いのです。

そのため、学校や会社を休ませるなど、感染者を隔離する手段を講じることとなっています。

ウイルスの浮遊は、冬場の乾燥時期に起きる

インフルエンザは冬場に大流行しますが、この時期は空気が乾燥しているため、ウイルスが浮遊しやすいのです。浮遊率を下げて感染拡大を防止するために湿度を保つことが大事です。

接触感染とは

ウイルスの付着した手や口など感染者を直接介して感染する場合を「直接接触感染」と呼びます。

一方、感染者の扱った器具などにウイルスが付着して、それらを介して感染した場合を「間接接触感染」と言います。

この2つをあわせて「接触感染」です。

例えば、インフルエンザに感染している人がくしゃみをして手につき、そのまま他の人に触れて感染させてしまった場合や、感染者の使ったコップを洗浄せずに使って感染してしまった場合などです。

タオルやコップ、料理で使用したお皿などは必ず洗うようにし、また布団にもウイルスが付着している可能性が高いため、病状から回復したら洗ったり清掃するようにしましょう。

インフルエンザに感染してから発症するまでの期間

通常、インフルエンザに感染してから1~3日は潜伏期間です。

他の感染症と比較すると潜伏期間が短く、ウイルスの増殖が早いことを意味します。24時間後には1個のウイルスが100万個にまで膨れ上がります。そして、発症すると途端に体調が悪化します。

潜伏期間中にも他の人にうつる?

結論から言えば、潜伏期間中にも周囲に感染します。

症状がまだ出ていない状態ですので、自分が感染していることに気づかないうちに周囲へもうつしてしまっているのです。

「誰からうつった」「○○さんからうつされた」という話をよく耳にしますが、インフルエンザに感染済みでまだ発症していない方からうつされた可能性があり、実際の所はなかなか判別がつかないものなのです。

精液や汗でうつる?

性行為による精液や膣液、または汗では感染しません。

ただし、性行為をおこなうということは相手と同じ室内にいることになりますので、結局は空気感染により、パートナーにうつしてしまう可能性が高くなります。

そのため、インフルエンザ中の性行為や激しい運動は、控えるようにしましょう。

他の人にうつしてしまう期間

うつる期間には、症状により個人差があります。

重症化していない一般的な症状の場合の感染期間は、インフルエンザを発症してから7日前後です。

この期間は特に周囲の人へ感染させやすい状況です。咳やくしゃみなどの飛沫感染が起きやすいので、必ずマスクを着用しましょう。

熱がさがってから1~2日はウイルスがまだ体内に残存しているため、この時期でも他の人へうつしてしまう可能性があります。そのため、安静にして様子を見る必要があります。

ウイルスの排出作用である「咳」が完全にとまると完治したと判断して良いでしょう。

インフルエンザの強い感染力

特に発症してから初日~3日めが、もっとも感染力が高いと言われています。ウイルス活動が活発な時期であり、咳やくしゃみによる飛沫感染が後を絶ちませんので注意しましょう。

1年に2回かかることもある

インフルエンザは大きく分けて3種類あり、その中で流行するのは「A型」と「B型」です。

さらに「A型」には144種類、「B型」には2種類のウイルスパターンが存在しています。

当然ながら、ある種類のウイルスに感染してインフルエンザを発症して回復しても、別の種類のウイルスに感染してしまって再びインフルエンザを発症することもあります。

家族や集団への感染の恐れ

インフルエンザは感染力が高く、ひとりの感染者が出るとすぐに広まります。

新型が発生すると、免疫が無く抗体が存在しないために大流行してしまいます。

特に家族の誰かがかかると他の家族に飛び火したり、学校においても同様に集団感染が発生しやすいのです。

 

出席停止から学校閉鎖まで

学校においては、感染した児童は出席停止となりお休みになりますが、それでも学校で感染者が増えた場合には学級閉鎖となります。さらに広く拡大すると学年閉鎖です。

学校全体に蔓延しそうな状況では休校(学校閉鎖)措置まで取られることもあり、他の感染症とは違い、インフルエンザの感染力の高さを物語っています。

学級閉鎖になる基準は定められておらず、感染拡大しそうかどうかを学校側が状況に応じて判断しています。

感染しないための予防方法を知りたい方は

インフルエンザは、感染してしまうと辛く重い病気です。

家族や会社で1人がかかると、感染力が高いため瞬く間に広がってしまう厄介な感染症です。

そのため、しっかりと予防をおこなうことがとても大切です。

予防対策を詳しく

インフルエンザの感染にまつわる体験談

夫から感染しました

Yuki 33歳 東京都

感染経路:家族感染

夫が具合が悪いと会社から早退してきました。寒気がして風邪かもと言い、すぐにベッドに横になっていました。夜になり今度は暑いと言いだしたので、お熱を計ったら38°もありました。心配になったので翌日車で病院まで連れて行ったところ「インフルエンザb型」との診断結果でした。お薬をもらって帰宅して、すぐに寝かせました。夜中に寝苦しいのか何度か目が覚めて、そのたびに汗をふいてあげて看病してあげました。4日たった頃にはだいぶ元気を取り戻して回復してきましたが、今度はわたしの方が体調がおかしくなってきました。夫と同じで悪寒がしてきて・・・。病院に行くとやはりかかっていました。夫が元気になってきていたので安心して気が緩んだせいかもしれません。結局わたしも7日ほどで治ることができました。今はもう夫婦ともにいつもの生活に戻っています。

後輩からうつされた

良昭 29歳 香川県

感染経路:会社で感染

アパレルの接客業勤務。あれは確か12月9日のこと、後輩と一緒に接客していた折、その後輩がやたらと咳をしていて、お客に失礼だと思ったが、自分と彼のふたりしかいなかったので我慢していた。すると翌日自分も咳が出るようになり、出勤日だったのでマスクをつけて勤務にあたった。ところが時間が経つにつれてどんどん体調が悪くなり、しまいには頭がぼーっとしてふらつくように。まさかと思い受診したらやっぱりインフルエンザだった。後輩に連絡したところ同じ結末だった。その日から会社を休むこと8日、やっと治った。うつしてきた後輩も出勤していて「すみませんでした」と謝ってきたので「しょうがないよ、でもそういうときはマスクをするようにしよう」と教えてあげた。

息子の学校で学級閉鎖になりました

弥生 38歳 神奈川県

感染経路:学校での集団感染

10歳になる息子の学校から電話があり、インフルエンザが流行しているので感染拡大を防ぐために学級閉鎖にしますとの連絡でした。数名がインフルエンザに感染したらしく出席停止にしていたらしいのですが、さらに感染者が増えたための緊急措置らしいです。息子はかかっていなくてピンピンしていて、学校がお休みで嬉しいとはしゃいでいました。学級閉鎖になるくらいなので心配ではありますが、まさに親の心子知らずといった感じで。それでも息子の元気が何よりです。

© インフルエンザ All rights reserved.