インフルエンザに効果のある食べ物のまとめ

主に冬場に流行するインフルエンザ。感染すると高熱になることが多く、ツラい症状です。

まずは、かからないように予防することが大切であり、その予防策として免疫力を上げるために栄養のある食べ物を摂ることが大切です。

また、もし感染して発症してしまった際、食欲が出ないこともあるのですが、なるべく早く治るように栄養価の高い食べ物類を摂ることも重要です。

 

感染予防に効果的な食べ物・料理

疲れやストレス、あるいは偏った食事によって、免疫力が低下してしまいます。

免疫力が低下するとインフルエンザウイルスに感染し、発症を許してしまいます。逆に免疫力を高く保つことで、インフルエンザにかかりにくくなります。

 

体を温めらる食べ物を

体温が1度あがるだけで免疫力が5~6倍に上がり、逆に1度下がっただけで通常よりも30%ほど免疫力が落ちると言われています。

そのため、インフルエンザの予防方法として、体を温める食事を摂ることが有効になります。

鍋料理 ~野菜などバランスよく栄養が摂れて、さらに温まる効果~

冬の定番料理である「鍋」。

いろいろな種類がありますが、基本的には野菜がたっぷり入っていて、豚肉や牛肉、あるいは魚など、いろいろな食材が入っています。

つまり、鍋料理を食べるだけで、自然と栄養を摂取できます。

また、鍋料理は火をかけて温めますので、寒い冬に体を温めることのできる食事として、インフルエンザの予防料理としてもっとも適していると言えます。

昔から「冬になると鍋」と言われますが、インフルエンザや風邪の予防のための食事として重宝されているのです。

野菜スープ ~温まりながら、野菜の栄養を逃さず摂れる~

インフルエンザ予防のために免疫力を高めるには、やはり野菜類です。

そのまま生で食べても良いのですが、野菜スープにすることで量を多く摂ることができ、また、スープですので体を温めることになります。

スープを飲むメリットはもうひとつあり、スープを飲むことで内に溶け込んだ野菜の栄養分も全て摂取することができます。

玉ねぎやニンジン、レタス、キャベツ、じゃがいもなど、どれも体に良く、インフルエンザの予防の際の食事としてオススメできます。

 

食べ物で体が温まると良い理由

先に書いたように、体温が上がることで免疫力を引き上げることができます。もちろん運動によっても同じように体温を上げることはできます。

温まることで血液の流れが増え、体全体への酸素の供給量が増加し、その結果、細胞の働きが活性化されて免疫力が向上し、体調が良くなります。

その際に、栄養のある食べ物を摂取することによって、体全体にその栄養が一緒にいきわたることになるため、温かい食事を摂るということは、身体の調節機能がうまく働くようになるメリットがあるのです。

 

かかった際の治療中の食事や飲み物について

予防をしていても、どうしてもインフルエンザにかかることがあります。

高熱が出るなどツラい症状になりますが、その際でもなるべく早くインフルエンザを治すために栄養のある食事を摂ることは大切です。

ただし、食欲が出ない場合には、無理せずに消化吸収の良い食べ物を摂るようにしましょう。

 

水分補給 ~熱が出たときに一番大事~

インフルエンザでも風邪でも熱が出たときには、多めに水分を摂るように心がけましょう。

水分を摂ることで発汗し、その発汗の際に熱を下げる効果があるためです。

また、下痢などの症状が出ると脱水症状になることもありますので、その予防としても水分を摂ることはとても大事なことです。

カフェインは控えめに ~コーヒーやチョコなどは抑える~

カフェインを消化する際に体内の水分が使用されます。また、利尿作用があるため、水分を尿として排出してしまいます。

さらに、カフェインの摂取しすぎは、動悸・不眠・めまいといった作用を及ぼしてしまうため、インフルエンザを発症している際には適さない食べ物となっています。

おかゆやうどん ~消化・吸収が早く、負担を減らす作用~

おかゆやうどんは、胃腸での消化・吸収が早く、内臓の負担を減らすことができます。

食欲が無い際にも、軽めの味付けであることから食べやすいというメリットがあります。

また、温かい食事になるため、体温を上げることで免疫力の向上にも繋がります。

昔から風邪やインフルエンザの際に、おかゆやうどんを食べてきたのには、このように正しい根拠があったのです。

逆に脂っこい食べ物や、味の濃い食べ物は胃腸に負担をかけたり、吐き気を催す場合もありますので、体調の回復状態を見ながら食べるようにしましょう。

 

インフルエンザの予防と治療の両方に効果のある、その他のオススメの食べ物類

ここでは、予防と治療のいずれにも効果を有している食べ物を紹介します。

栄養価が高く、体の調子を整える作用の高い食品群です。

  • しょうが…体を温める作用が高い。咳を鎮める効果もある
  • 牛乳・チーズなどの乳製品…ビタミンAを含み、ウイルスに対する抵抗力を上げる
  • 果物類…キウイ、みかん、りんこ、いちごなど。ビタミンCによる抗酸化作用と抵抗力の向上
  • ネバネバ系の食べ物…納豆やオクラ・山芋など。栄養価が高く、体内バランスを整える。滋養強壮
  • 梅干し…抗菌作用があり、体調の悪い際に食べる定番
  • 玉ねぎ・ねぎ・にんにく…硫化アリルを含み、体を温めて血管をサラサラにし体調を整える作用

これらの食べ物類を摂りながら免疫力を上げて、インフルエンザを乗り切りましょう!

© インフルエンザ All rights reserved.